のつのつの

人生の折り返し点に丸みをつけるための日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9歳

誕生日は10月10日。
当時は体育の日であったため、毎年その日に誕生会を開くことができた。

その年も公園でひとしきり遊び、腹を空かして家に戻る。
数人の友達とケーキを囲んでいると、自分の隣に招待していない珍客が。

どこから入ったのか、まだ産まれたばかりと思われるまっ黒な子猫が一匹。
分け前を貰おうと狙っている。

自分の嬉しそうな顔を見て、親が一言。

「飼うか」

まさに神様からの贈り物、そして完全に猫派になった日。

猫

一年後、自分のベッドに子猫を産んだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/29(火) 21:53:08|
  2. 回顧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不自然な生活2

現代病の一つとして挙げられる肥満。
これも文明による副作用と考えられる。

・食べたら眠くなるのは…
「食後すぐに眠ると牛になる」と教育された。しかし、眠くなるのも事実。
ある番組の答えは「満腹中枢と睡眠中枢の場所が近いから」ということだが、問題はその理由。
理由は太りたいから。

・野菜より肉が好きなのは…
「野菜を食べろ」と教育された。野菜が嫌いな子供は多い。
健康に欠かせない食材なのに、味覚的に魅力を感じないのはなぜか。
理由は太りたいから。

人間も動物の一種として、本能的に太る仕組みになっている。
肥満が原因で命を落とすことは想定されていないのだろう。

食べると目が冴え、肉を不味いと感じる。そんな時代がいつか来るのかも。
  1. 2008/07/15(火) 23:53:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8歳

小さな虫が好きだった。
粘土の家に何種類もの虫を同棲させたり、小学校の自由研究の半数は「アリの研究」だったり。

基本的に残酷な遊びが多かったが、その中でも好きだったのがクモ合戦。
二匹のハエトリグモを小さなケースに入れると、そのうち戦いが始まる。
後で知ったが、昔からある「ほんち」という遊びらしい。

敗者はそのまま死に至り、養分を吸い取られる。
勝者は腹をぷっくりと膨らませ、そのままケースに残る。

一週間ほど対戦相手が見つからないと、次第にその腹は萎む。

その日は仲良さそうに並んで歩いていた二匹のアリをケースへ投入。
腹を空かしたクモはすぐにアリを襲うが、二匹のアリは間一髪で逃げ回る。
しかし小さなケースに逃げ場は少なく、とうとう一匹のアリが捕まえられた。

すると…

もう一匹のアリがクモの足に噛み付いた!

クモは標的をそのアリに変更。
体格的に敵うわけがなく、一瞬で返り討ちにあうアリ。
最初に捕まえられたアリもよろよろと逃げ出したが、その後仕留められる。

子供ながらに感動を覚え、アリを餌にするのはその日で最後にした。
  1. 2008/07/10(木) 00:13:25|
  2. 回顧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不自然な生活

幼い頃から視力が悪かった。

原始の時代であれば、生存競争に負けることになるだろう。
近視が多い現代の世の中は、それだけ人間が不自然な生活をしてるとも言える。



文明により失った能力を、文明により矯正するのも人間。

視力を補うために眼鏡やコンタクトレンズを開発した。
そして、ここ数年で日本でも認知度が高まってきたのがレーシック。
注射も嫌いな自分であるが、今月初め、思い切って手術へ。

手術中の痛みはほとんどなし、手術後の数時間は結構な痛みがあったが、
その夜には外に出て食事をとれるほどに回復した。
視力は手術直後から上がっているのを実感でき、翌日の検査で1.5になっていることを確認。

レーシックは角膜の表面を開き、その内部をレーザーで削った後、表面を元に戻す。
一ヶ月程度はその表面に刺激を与えてはいけない。

数日たった今も裸眼でいることが信じられず、それを認識する度に笑みがこぼれてしまう。
反面、最も恐いのは、コンタクトレンズ使用中と勘違いし、その表面を触ってしまいそうになることだ。
  1. 2008/07/06(日) 00:18:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:nottsu

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。